FC2ブログ

Photo Gallery

最近のニュースを見ていますと、大企業は給与のベアアップなどの話題がクローズアップしており、阿部政権もこれをアベノミクスの成功だとまでは言ってませんが、大いに宣伝している状況ですが、皆さんどうですか?

一部の評論家は良いのは大企業だけで中小は全然よくないなどと批判も多いです。

何だかよく分らないですね。

私の友人(中小企業の経営者の方ですが)に何人か聞いてみたら、結構業績もよく忙しくて困っているとの事でした。ま、まったくのドメスティックな商売ですから、為替の問題などは無いでしょうが。

いったい、良いのか悪いのか!!

冷静に考えてみれば、あのバブルで踊った時代でも、すべての企業が良かったわけではなく、その中でも結構企業倒産はあったんですよね。

こういう事は、象徴的な一面を過大に? 報道するマスコミにも問題あると思うのですが、それに影響されてしまう、自分にも大いに問題があると最近思っています。

『たとえば、銀座の三越の前で、いかにもお金持ちそうな方々に消費税で値上がり負担はどうですか?などと街頭インタビューをして、20円、30円価格が上がって困っただのといった答えを報道しているのには非常に違和感を感じます。私だけでしょうか?』

ま、結局は自分を守るのは自分ですから、地道に生きていくしかないですかね。一方で虎穴にいらんずんば虎児を得ず、とのこともありますし、悩みは尽きませんね。

話変わって、日経平均株価が高値を維持しています。もう少しで2万円に乗せようかというところです。そしてマスコミは株を持っている人はお金が儲かっていると、囃し立てていますが、本当でしょうか?

何かの統計で見ましたが、株式運用して儲かっている人は10%ほどで、あとは総じて損をしているとの数字が出ていました。『何にあったかは忘れましたが、また、信憑性も分りませんが』たしかにアベノミクスで儲けた方はいるかもしれませんが、そう多くは無いのではないでしょうか。

仮に安い時期に買った株があったとしても、多くの人は今の価格までは持ち切れていないのではないでしょうか。

普通の人であれば、株価が下がってせっかくの利益が無くなってしまう恐怖には耐えられないですよ。

適当なところで売却してしまうのが大方の動きだと思います。そしてまだ上がっているのを見て高値掴みをして損をする!!これ株式運用をしている人は多く経験があるのではないでしょうか。

日経225の先物相場を見ていると、一定の値下がりになると一気に買い支えと思われる買いが入ってきます。そして日銀のホームページで買い上げ情報を見るとしっかりとETFの買いをしているのですね。

これは日経225と連動性が見られますので、一部で言われいるいわゆる官制相場ではないでしょうか。

この株高いつまでも持つんですかね。私たちの貴重な年金をGPIF『年金積立金運用独立行政法人』にて運用しているのは、私から見れば、とても怖いです。将来の年金大丈夫かな??、と思ってしまします。

思い過ごしなら良いですが!!!  そうであってほしいです


WHAT'S NEW?